サッカー留学クラブをお探しの方、ご相談ください

サイトマップよくある質問写真ギャラリー
アルゼンチンサッカー留学支援

留学先クラブ

世界のサッカー強豪国アルゼンチンには選手輸出国としても歴史があります。欧州のビッククラブにアルゼンチン人が所属していないというのは見かけません。アルゼンチンには世界で通用する選手の育成のノウハウがあり、信頼されています。

私達が提携している留学先クラブに日本でも有名なアルゼンチンのクラブはありません。

何故なら有名クラブは選手を育てるより買ってきて即結果を求めます。故にアルゼンチンの各年代別の代表選手たちも、なかなかプロデビュー出来ないという現実があります。彼らアルゼンチンの年代別代表選手でも巡って来ないチャンスがアルゼンチンの有名クラブに所属したとして留学生にまでチャンスが回ってくるのかどうか。留学生にとっても私達サッカー&ソサエティーにとっても効率があまりにも悪い。では 有名クラブは選手をどこから買うのか。こういった田舎の無名クラブからなんです。ここにこそ南米の強豪クラブ、ひいては欧州の強豪クラブが求めている選手育成の土台が築かれています。

この留学先クラブで経験を積み、実力をつけて留学生それぞれの目的のレベルに挑戦できるようにサッカー&ソサエティーは全力でサポートいたします。

留学先クラブにはまず練習生として参加し、実力が認められれば選手登録をして公式戦出場が出来ます。実力、目的に応じて留学先クラブをご紹介いたします。選手登録に関してはクラブが決める事ですので留学生が希望するクラブ、カテゴリーでの選手登録はサッカー&ソサエティーでは保証いたしかねます。予めご了承くださいませ。

Belgrano de Cordoba(ベルグラーノ・デ・コルドバ) -アルゼンチンリーグ2部

Belgrano de Cordoba

Talleresの最大ライバルクラブであるBelgrano de Cordoba(ベルグラーノ・デ・コルドバ)は1905年設立されたコルドバで最も歴史を持つクラブです。また、全国に5,400ものファンクラブを持つコルドバ州最大のクラブです。コルドバ出身のアイマール選手の父親もプレーしていたクラブです。ベルグラーノのプレースタイルは “根性”のサッカーといわれ、タジェレスとは対照的です。又、プロ契約選手の7割以上が下部組織出身者、コルドバ州出身の人間で構成されています。
公式ホームページ

Racing de Cordoba(ラシン・デ・コルドバ) - アルゼンチンリーグ3部

Racing de Cordoba

1924年に設立されたRacing de Cordobaはタジェーレス、ベルグラーノ、インスティトゥートと同じくコルドバ4大クラブの一つに数えられている名門クラブです。下部組織出身の選手で固められ、若く勢いのあるチームです。
公式ホームページ

Talleres de Cordoba(タジェーレス・デ・コルドバ) - アルゼンチンリーグ2部

Talleres de Cordoba

1913年に設立されたコルドバの4大クラブの一つで、コルドバ州のチームの中では“魅 せるサッカー”をするチームとして認知されています。南米一を決めるコパ・リベルタドーレスに出場したこともあるコルドバ州唯一のクラブでもあります。
公式ホームページ

Las Palmas(ラス・パルマス) - コルドバ州リーグ1部

Las Palmas

アルゼンチン、コルドバ州リーグ1部のLas Palmas(ラス・パルマス)はハングリー精神旺盛な下層階級の選手が多く所属し、基本的に強いボディーコンタクトと勝ちにこだわるサッカーを自らのプレイスタイルにしています。下層階級育ちの選手が多い為か、仲間 意識も強く、強いメンタルを持った選手を多く輩出しています。又、アルゼンチン国内の中堅、強豪クラブ に過去多くの選手を育成した実績を持つ、コルドバ州リーグの名門です。

Renato Cesarini(レナト・セサリーニ) - サンタフェ州ロサリオ1部

Renato Cesarini

イタリア生まれの移民で元名選手の名前を冠したクラブです。1978年、ホルヘ・ソラーリ氏(元横浜マリノス監督)らにより設立されました。アマチュアクラブながら、35面の天然芝グラウンドを持ち、選手を育てて国内はもとより世界中に選手を輩出しているアルゼンチンで最も重要なクラブと言われています。同様に指導者育成にも力を入れています。

Central Norte(セントラル・ノルテ) - トルネオアルヘンティーノB

Central Norte

1921年、草サッカーをよくやる仲間達がいてその中の鉄道会社役員が鉄道会社のサッカー部として立ち上げました。しかしほどなくして1つのクラブとして独立し、すぐさまサルタ州を代表するクラブとなりました。1921年3月9日、街の有力者ドン・ペドロ・パストレ氏がサッカー部の選手たちを邸宅に集めて「クラブアトレティコ・セントラル・ノルテを設立後、1960年代、アルゼンチン国内ではサルタ州を代表するクラブとして活躍しました。

Rosario Central(ロサリオ・セントラル) - プリメーラ・ディビシオン

Rosario Central

サンタフェ州ロサリオ市を本拠地とするクラブです。1889年に創設されたアルゼンチンで最も古いクラブの1つで多数の代表選手、ワールドカップ優勝メンバーを輩出しています。 同じ街のライバルクラブニューウェルス・オールドボーイズとの試合はクラシコ・ロサリーノとよばれるアルゼンチンで最も熱いクラシコと呼ばれています。

ホームページ制作会社・スタジオコンチーゴ株式会社